07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Para mirar el cielo azul

~青空を見上げて~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

初・三者面談 

先週にJINの保護者会があった。
その日は同じクラスでJINと大の仲良しのTくんのママと
Tくんが1年のとき一緒だったお友達のママ2人と4人で初ランチ。
初対面とは思えないくらいの盛り上がりであっという間に時間が過ぎて、
保護者会にはちょっと遅刻してしまった。

今週はゆーかの中学の三者面談。
中学ってのは校舎もデカイし、生徒の数も多いし、
なんだかいささか勝手が違うので、まだちょっと緊張する(笑)。

ゆーかの担任の先生は噺家みたいな独特なしゃべり方をする先生で、
JOYFITのことを「ジョイット」と言ってしまうお茶目なおじさん。
この先生、毎日日記を書いている。
「給食当番の○○くん、大きな声でよくがんばってたね」とか、
「○○さんの姿勢はすごくよかった」とか。
それをまとめてプリントしして配布してくれるのだけど、
これがけっこう楽しい(ゆーかのところで止まってることが多いけどね)。

で、三者面談もこれまたユニークで。

部屋に入ると「じゃ、案内してあげて」と先生。
教室を子どもが案内してくれることになってるらしい。
壁に貼ってるプリントのことや、掃除道具が入ってるところとか、
教室を3周くらいしていろいろと説明してくれた。
その間じゅう、ゆーかはずっとニコニコしっぱなしで、
ママもつられてずっと笑っていた。
愚痴をよくこぼしてるのに、そのイヤなはずの教室で、
こんなにいい顔して笑うのかと思うとうれしくして仕方がなかった。

先生がそれを見ていて
「ホントにうれしそうに笑ってたね^^お母さんのことが好きなんだね。
お母さんもそれにこたえれいい顔で笑ってる。いい親子ですねぇ。」と言ってくれた。
ゆーかもママもうんうんとうなづいてた。

先生曰く、ゆーかはとても利発で友達なんかバンバン作っちゃうタイプに見えたそうだ。
それがどちらかというとおとなしくて自分からは人の輪に入っていかないとわかって、
すごく心配してくれていたそうだ。

小学校で仲のいい友達だと思っていた子に裏で思いっきり悪口を
言われていたことを知って、ゆーかはそのときかなり傷ついていた。
たぶん人間不信みたいなのにもなったはず。
今もそれが尾を引いてるんじゃないかという話や、
部活は楽しくて頑張ってる話、家で愚痴ってばかりだという話(タレこみか?)
いろんな話をした。

ゆーかがワタシに話してくれることと、
先生がゆーかを見ていて感じてくれていることと、
ワタシが感じていること、
それがちゃんとひとつにつながっていてズレがなかったので安心した。

中間テストの結果が印刷されたファイルに
先生がゆーかにあてた日記(コメント)をまとめたものがはさんであった。
家に帰ってから読んだらちょっと泣きそうになった。
これを35人全員それぞれに作ってるんだと思うと胸が熱くなった。

中学は最悪だ~とか毎日のように愚痴ってたけど、
もちろんイヤな思いはたくさんしていると思うけど、
この先生が担任だったら、
ちゃんとゆーかに「逃げ場」があると思えた。

中間テストの結果は5教科でほぼ学年平均。
「キミはやればもっと伸びる。先生が保証する。」
とお墨付きをもらってきた。

さて、やる気になってくれたかな・・・
関連記事

category: ひとりごと

cm 0   tb --   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

我が家の記念日

Twitter

まずはできることから

いざというときのために

カテゴリ

Tree-Arcive

ブログ内検索

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。