07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Para mirar el cielo azul

~青空を見上げて~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

鏡効果? 

昨日のエントリにも書いたんだけど、子どものご飯の食べ方がすごく気になる。
ワタシが子どもの頃は「三角食べ」といって、ご飯・おかず・汁物を交互に食べましょう、って
家でも学校でも言われていた記憶がある。

でも、ウチの子を見ていると・・・
ご飯ならご飯だけ、おかずならおかずだけ、とにかく1品ずつ食べていく。
だからさー、フルコースじゃないってば(笑)。

で、なぜか左手をテーブルに出さない。

何度注意しても、行儀悪いとかカッコ悪いとか言っても効果がないので、
昨日の晩ごはん、まったくそのまんま子どもたちのマネして食べてみた。

左手をまったく使わずに食べる、というのはこれがけっこう難しい。

お茶碗やお皿は当然のことながら置かれたその場所にしかないので、
身体を不自然に折り曲げないと目的の食べ物を口に入れることができない。

・・・なるほど。
これじゃあ、姿勢よく食べるなんてのは無理だわ。


お箸使いが上手でないとただでさえこぼしてしまうのに、
お茶碗が持てないので余計にぽろぽろこぼしてしまう。

・・・なるほど。
これじゃあ、こぼすなって言われたってこぼれちゃうよ。



なんてことを感心しながら食べていると。


JINが「ママなんかヘンだー」と言って笑ってる。
「え?ママはあんたたちのマネをしてんねんよ。食べやすいのかなあと思って」と答えると
「ママがヘンだからJINが普通に食べてるよー」と、ゆーかも笑ってる。

ホントだ、JINってばお茶碗持って食べてるじゃん。(^^)
おまけにゆーかの左手にもしっかりお茶碗が・・・。

おもしろいねー。
関連記事

category: ひとりごと

cm 2   tb --   page top

コメント

Re: 鏡効果?

ものすごくお久しぶりですのさげつです。忘れられてたらどうしましょう(こら

今は三角食べは推奨しないんだって。
姉(ガッコ)曰く「三角食べは却って消化に悪い」とのこと。
お茶碗を持って食べるのも日本人だけのマナーだから、とうるさく言わないとのこと。

マナーについては「郷に入っては郷に従え」って言うから、日本にいるなら日本語を喋るなら日本食を食べるなら、とドイツの友達(お嬢の)にも強要してるけどね(笑)

因みにうちの幼稚園は給食がお弁当なので、子供達は持ち方が分からないみたい。そりゃそーだ。
先生方はどうやって食べてるのか、そこんとこ気になります。
さげつ #ew5YwdUc URL [2009/05/28 13:17] edit

さげつちゃんへ

え?どちらさまでしたっけ?(爆)
・・・ってあんまり更新してないくせにって?ごもっとも。^^;

確かに「三角食べ」なんて言葉、もう死語なんだろうね。
コメント読んでネットで調べてみたら、当時推奨されていた三角食べは
「牛乳→パン→おかず」みたいに一方通行で食べろ、ってことだったみたい。
おかずによっては牛乳との相性がめっちゃ悪いものもあるし、
なんでもかんでも牛乳で流し込む、というのが「消化に悪い」とされた原因らしいけど・・・

私が言いたいのはご飯と汁物とおかずがだいたい同じタイミングで
なくなるように、考えながら食べる、ってことなの。
汁物で箸を湿らせて、ご飯を片手におかずを食べる。

無意識レベルで美しく食べることを意識する(日本語がヘンだけど^^;)って、
とても大切なことのように思えるんだけどなあ。

今は「ばっかり食べ」っていうんだってね、一品ずつたいらげていく食べ方。
お世辞にも美しいとはいえない。
食べられればなんでもいいのかよ?!って感じ。
古いのかなあ、とは思うけど・・・お箸の国の人だものねぇ。

幼稚園もそうだけど学校の先生とかどうやって食べてるんだろうね。
身近な大人の振る舞いでしか子どもは学びようがないもんなあ。

子どもの振り見て我が振り直せ。
がんばりましょう!
にゅーとらる #- URL [2009/05/29 09:28] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

我が家の記念日

Twitter

まずはできることから

いざというときのために

カテゴリ

Tree-Arcive

ブログ内検索

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。