08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Para mirar el cielo azul

~青空を見上げて~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

にいがたマンガ大賞表彰式 

パタリロ 81 (81) (花とゆめCOMICS)第11回にいがたマンガ大賞の表彰式がりゅーとぴあの能楽堂で行われた。
準入選のゆーかの作品も展示されているというので楽しみにしていたら、
入選~準入選は表紙だけの展示で、ママはガッカリしたのだけど、
当の本人は「表紙だけでよかった・・・」としきりにホッとしていた(笑)。

特別審査員として「パタリロ!」の魔夜峰央さんが来ていた。
水島伸司さんも参加する予定だったのが体調不良のため欠席だった。
TVアニメにもなった「パタリロ!」だけど、さすがにゆーかは知らないらしい。
ママも初めて見たんだけど、オールバックにサングラスで黒いジャケット・・・
その姿は、まるでMr.マリックみたいだった(笑)。

ママが作品の方に近づこうとすると、とにかく阻止された。
「やめて、はずかしいから」とか
「見ないで、もっとちゃんと書けばよかった」とか、
なんだか無性に恥ずかしかったらしい。

実は、ゆーかのことをお姉ちゃんと慕ってくれてるRちゃんが、
原画展を見に来てくれるはずだったのが当日になって急な発熱で来れなくなって・・・
でも、実際に自分で自分の作品を見たら、
とても恥ずかしくて見せられないなと思ったのだそうだ。

だから、熱が出たRちゃんには気の毒だったけど、
ゆーかはRちゃんが来れなくなって実はホッとしたとあとで教えてくれた。

副賞としてもらった白い袋には「第11回にいがたマンガ大賞」の本(650円)のほかに、
トーンシートやらマンガ用のペンやら消しゴムやらがたくさん入っていて、
ゆーかは「これで次のマンガが描けるっ!!」と大喜びしていた。

が、その本のなかにも展示されていた表紙が小さく載っていて、
ママが「これ1冊買っておばあちゃんに送ってあげようか」と言うと、
やっぱり、それもキッパリと拒否されてしまった。
よほど、恥ずかしいらしい。^^;;;

だけどね、ゆーか。
いつか大物のマンガ家さんになったとき、その表紙はきっと・・・
「はじめての1枚」として脚光を浴びることになるのだよ。( ̄ー ̄)ニヤリ
関連記事

category: はっぴぃ

cm 2   tb --   page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2009/03/07 02:30] edit

鍵コメントさんへ

大賞を受賞した方へ、パタリロの先生Mr.マリック氏(笑)から
「上を目指していると自分の作品はいつまでたっても下手に見えてしょうがないものですよ」
こんなコメントが返されました。

きっと、自分の作品が張り出されるという初めての経験をして、
ゆーかもそんな気持ちになったのかもしれないなーと思っています。
Rちゃんには申し訳なかったけどね・・・^^;;;

サインは将来ママがネットで高く売り飛ばす予定です(爆)。

にゅーとらる #- URL [2009/03/10 12:19] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

我が家の記念日

Twitter

まずはできることから

いざというときのために

カテゴリ

Tree-Arcive

ブログ内検索

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。