04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Para mirar el cielo azul

~青空を見上げて~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

女王の教室 

何を今さらって感じなんだけど(笑)、
夕べ、昨年話題になった天海祐希主演のドラマ、
「女王の教室」を最終回まで見終えた。
年末に全ストーリーが一挙放送されていて、
そのときに録画していたんだけど、
なかなか全部見ることができなかった。

いやあ、すごいドラマだった。

フィクションなのは分かっていても、
鉄仮面みたいな黒づくめの女教師のやり方に、
本気で手がぶるぶる震えた瞬間もあった。

・・・正直言って。
話題になっていたときは見たいとも思わなかった。
体罰や言葉の暴力シーンは、どうしても、
ワタシの子ども時代の「傷」に触れてしまうから。

あまりの反響にスポンサーが提供クレジットを、
(「この放送は○○の提供でお送りします」ってアレね)
流さないようにしたんだそうだけど、
ストーリーの途中までしか知らなければ、
それもしょーがないかなって思う。

・・・でも。

すごいドラマだと思った。

子どもを持つ「親」として、
かつて子どもだった「ひとりの大人」として、
考えさせられることがたくさんたくさんあった。

「カッコイイ大人がいないから子どもたちがグレるんです」
内藤剛志が言ったセリフ。

子どもを守る「壁」、
子どもが越えるための「壁」、
ワタシは「壁」になれてるんだろうか。

・・・自信なんてない。
多分、ずっと自信なんて持てないだろうけど。

でも、できることなら。
我が子たちに「カッコイイ」と言われ続けたい。
関連記事

category: ひとりごと

cm 2   tb 0   page top

コメント

女王の教室は全然見ていませんでした。。。

>「カッコイイ大人がいないから子どもたちがグレるんです」
内藤剛志が言ったセリフ。

内藤さん、セリフでそういわれていたんですか?
もう5・6年前ですが、現代の若者事情というような特番の深夜番組の司会を内藤さんがされていて、
わたしはその頃若者向けの悩み相談のボランティアをしていたので取材されてその番組に映像で出演したのですが、内藤さんのキャラは本当に素晴らしいなと。
現代の大人の力のなさをよく知っている方だなと感じている俳優さんだったので・・・

わたしも時間ができたら、見てみたいと思います。
たしかに、フラッシュバックにはご注意っぽいですね。
まゆたんママ #B0E3BqrQ URL [2006/07/20 04:45] edit

まゆたんママへ

内藤さんは“若かりし頃の情熱を失った”教師の役で、
最終回で主人公が学校を追われることになって、
それを宣告した能無し教頭に向かってポツリと言うんですね。

正直、目を覆いたくなりました。
・・・何度も。^^;;;

だけど、このドラマに出会ってよかったなあって、
通しで見てみて、つくづく思います。

あとはスペシャルが2編残ってるので、
早く見たくてウズウズしてます(笑)。
にゅーとらる #o2cpcsqE URL [2006/07/20 18:47] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cieloazul.blog7.fc2.com/tb.php/143-d65fdbcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

我が家の記念日

Twitter

まずはできることから

いざというときのために

カテゴリ

Tree-Arcive

ブログ内検索

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。