09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Para mirar el cielo azul

~青空を見上げて~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

青龍にいざなわれし春 

DCF_0004.jpg普通に起き上がっても大丈夫になった木曜の夜。
あんまり嬉しくて泣いてしまった。

週末になったらお礼参りに行きたいと思った。
次の瞬間、ふっと白い龍の姿が脳裏に浮かんだ。
それは江ノ島神社の守護神、龍神さま。
(このときは銭洗池にいる龍のことだと思ってた)

とゆーことで、昨日は江ノ島神社へお礼参りドライブ。
雨上がりでまだ駐車場にも余裕があった江ノ島では、
ちょうど春祭りのイベントをやってて、
入り口のところでスタンプラリーの用紙をもらった。

江ノ島神社はホントに不思議なとこで、
行くたんびに参拝ルートが変わる。
階段を上がって中腹の江ノ島神社にお参りするだけの日もあれば、
エスカーに乗って頂上まで行く日もある。

今だったらJINがどんどん歩いていくのを追いかける、とか、
JINがもっと小さい頃はベビーカーで階段が使えないから、とか。
我が家にとって必要なときに必要な場所に呼ばれる。
そんなふうにいつも思う。

昨日は春祭りで、ウチが着いた時間はたまたま
何かのイベントをやってて人だかりができてたのと
エスカーの乗車券が割引きだってことが重なって、
一番てっぺんまで上ることになった。

で、せっかくだからスタンプラリーにも参加しようと
初めて岩屋の方に行ってみた。
岩屋の洞窟に続く階段はとても急で、
JINが小さくてずっと行けずにいたのだ。

江ノ島大師にも初めて入った。
そして、奥津宮に向かう途中に龍神さまがいた。

DCF_0002.jpgそこは前にも通ったことがあるはずだったのに、
「この龍さんがママを呼んでくれたんよーっ!」って、
私が叫ぶまでパパもゆーかもJINも、
そのお社の存在に気づかなかったから不思議。

この龍さんがここまで呼んでくださった。
なんだか私はすごく嬉しくてウルウルしながら手を合わせ、
何度も何度もアタマを下げた。

そして、初めて入った岩屋の洞窟。
その手前で大声コンテストをやってたので、
迷わずゆーかとエントリー。
海に向かって叫んできた(笑)。

よく知ってるはずの江ノ島なのに、
昨日はホントに初めて尽くしの一日だった。
帰りは空が泣き出して、少し肩を濡らしたけど、
私のココロもカラダも洗い立てみたいにスッキリしてた。(^▽^)

で、歩き回って集めたスタンプで福引きに参加したんだけど。
結果は五等、つまり参加賞(笑)。
「湘南 江ノ島」
どデカくプリントされた真っ青なタオルハンカチ。
すっごく素敵な記念になった♪

今度の週末は寒川さんにお礼に行こう。(^-^)


【追記】
江ノ島神社のリンクを張ろうと検索していたら、
こんなページを発見した。→「鎌倉 恋便り」
このページによると龍宮は、
「運がよければ中に入ることもできる」と書かれてる。
だから、通っていても気づかなかったんだ!(@@)
それから、もうひとつビックリしたのは、
龍宮の例祭の日がJINのお誕生日だったこと。
「妊娠~出産までの記録」でも書いてるけど、
JINは江ノ島神社で授かった赤ちゃんだ。
パパも私も、てっきり江ノ島に住む猫ちゃんだと信じて疑わなかったけど、
ホントは龍さまの化身だったのかもしれない。
きっと、そうなんだろうな。(^^)

関連記事

category: ひとりごと

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cieloazul.blog7.fc2.com/tb.php/111-de32ba37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

我が家の記念日

Twitter

まずはできることから

いざというときのために

カテゴリ

Tree-Arcive

ブログ内検索

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。