07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Para mirar el cielo azul

~青空を見上げて~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

春のお楽しみ 

JINが幼稚園に入って落ち着いたら、
したいなあと思うことがいくつかある。

たとえば、
ちょっと遠方の友達に会いに行こう、とか。
フィットネスクラブに入会して、
ヨガもエアロビも水泳もと欲張っちゃおうか、とか。

どれも楽しみで、実現させるぞと思ってることだけど、
そんなのが一気に吹っ飛んじゃいそうな楽しみができた。

・・・それは、陶芸♪

福岡にいた頃、近くに窯元さんがあって、
ホントに格安で陶芸を習うことができてたし、
親子で粘土遊び感覚でできる陶芸サークルなんかもやって、
土を持ち帰って自宅でも好き放題に土を触っていられたのが、
こっちに越してきて、それがなかなか難しいと思い知った。

陶芸を習うところはあるにはあるけど、
その月謝は決して安くはない。
それに、小さい子どもをパパに(あるいは託児所に)預けてまで、
自分の趣味に没頭するのには、なんていうか・・・
やっぱりなんだか後ろめたいものもあり、
なかなか陶芸に縁がなかったんだけど。

JINを妊娠する少し前に市内の身障者施設での陶芸クラブに、
ほんのわずかの期間だけ通ったことがあって、
ふと、そこのことを思い出してメールをしてみたら、
ご丁寧に担当の方から電話がかかってきた。

「陶芸クラブは変わらずにやっています。」と聞いて、
思わず小躍りしそうなくらい喜んだけど、
13:00からと聞いてガックリした。
とても幼稚園のお迎えには間に合わない。orz

でも、そのとき担当の方が陶芸ボランティアの話をしてくれた。
その施設にいる方の陶芸のお手伝いをする仕事で、
初心者の方でも大丈夫だというし、時間も午前中で、
しかも、片づけが終わったら土を触ってかまわない、という
涙がチョチョ切れちゃうようなオプションまでついている。

いつかは何か誰かの役に立つことがしたいなと思っていたけど、
まさか、自分の好きなことでボランティアできるなんて、
ホントに思ってもみなくて、もうすごくうれしくて。

パパに聞いたら「えぇ話やと思うよ^^」と言ってくれたし、
子どもたちにも負担をかけなくてすむし、
もちろん金銭的なことも助かるし、
おまけに陶芸以上に学ぶものがありそうな予感。

沈みがちな季節だけど、こんなふうに大きな楽しみができて、
おヘソの奥の方にチカラがみなぎってきてるのがわかる。
気力も体力もまだまだ落ちてはいるけど、
春に動き出すための「充電期間」なんだって今は思える。

大げさかもしれないけど、
生きてる、って感じがする。
関連記事

category: はっぴぃ

cm 0   tb --   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

我が家の記念日

Twitter

まずはできることから

いざというときのために

カテゴリ

Tree-Arcive

ブログ内検索

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。