07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Para mirar el cielo azul

~青空を見上げて~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

幼稚園バス 

福岡にいたとき、ゆーかを入れたのは3年保育の幼稚園。
制服は真っ赤な野球選手のユニフォーム。
気に入ったのは「遊び」を重視してる幼稚園だと思ったから。

通園はバスだったし、
週に4回は給食で、水曜日だけ「塩おにぎり」を
持たせるだけでよかったし、
当時の私は陶芸のサークルなんかもやっていて、
出歩くことが多かったから、助かるよなあと思っていた。

だけど、ゆーか登園1週間頃だったか、
バスからぐったりして降りてきた。
顔色はよくないし、お腹も痛いって言うし、
そのまま小児科に走った。
「ずっとガマンしてたのねぇ^^;」と先生。

おしっこもウンチもずっとガマンしていたらしい。
浣腸してもらって、ようやくすっきりした顔になってくれた。

毎朝、私と離れるのがイヤだと言って大泣きしていたゆーか。
小さな身体でいっぱいストレスを抱えていたんだなぁ。

そうこうしてるうちに急な転勤が決まって、
幼稚園をしばらくお休みして、年中さんから入ったわけだけど、
ゆーかにとってはそれがよかったみたいだった。

ゆーかは私に対してなんだか特別な感覚を持っていて、
小さいときは(今も多少はそうだけど)
「ママに見捨てられる」ことを過剰なほどに心配していた。
私が隣で寝てるのに夜中ガバっと起き上がって、
「ママぁ~~~っ!!!!」って絶叫するし、
とにかく私の姿が見えないと大泣きして大変だった。

前世でよほど悲しい経験をしたんだろうな。
親に捨てられたり、酷い目に合わされたりしたのかもしれない。
そんな風に思うのが一番辻褄が合う。

依存度が強い子なのかなと、あえて突き放すことをしたり、
厳しくもしてみたけれど、あまり効果はなくて、
ぎゅっと抱きしめて「だいすきだよ」って、
しつこいくらいに言ってみたり。

でも、あんまり怯えるものだから、こっちも疲れ果てて、

「ママが何をしたの?
あんたを捨てようとしたことなんかないのに。
何で、何をそんなに怖がるの?」

持って行き場のない怒りみたいな感情に飲まれて、
ゆーかを抱っこしながら何度も何度も泣いたっけ。

今でも泣き虫だし甘えん坊ではあるけれど、
当時のような「自分でもよくわからない恐怖感」は
ほとんどなくなったらしく、
ひとりで習い事にもいけるし、おつかいだって行ってくれる。
当時のゆーかからは想像もつかない今の姿。

「このままいったら、この先どうなっちゃうんだろう?」
そんな風に心配していた頃が懐かしいって今は思える。

手のかかる子ほどかわいい、って言うけど、
確かに手がかかった分、いっぱい心配した分、
その成長ぶりは素晴らしくてビックリすることばっかり。

JINはゆーかとは違った成長をしていくのだろうけど、
また不安になったり心配したりすることがあるはず。

特別なことは何にもできないけど、
私なりに手をかけて育てていきたいな。
関連記事

category: かいじゅうたち

cm 2   tb 0   page top

コメント

凄い!

毎日バタバタと時間が過ぎていく私にとって、陶芸なんて、凄い言葉に感じてしまう~。
もう少し落ち着いたら、自分の趣味に少しは時間を使いたいなぁ・・・
AKKO #p6CkwyQg URL [2005/04/13 13:08] edit

AKKOさん♪

福岡で私が住んでたところから車で行くと、
たくさんの窯元さんがあってね、
もうホントに格安で教えてくれるんですよ。

で、子連れで粘土細工の感覚でできるような、
小さなサークルを作って、自己流で作ったのを、
私が窯元さんに持ち込んで焼いてもらう・・・
そんな感じだったんです。

JINと違ってゆーかはおとなしかったから、
一緒に色んなところに出歩いてました。
その頃はね、ほんとに活動的だったんです。
それに、「子どもがいるから自分のしたいことができない」って
言うのがイヤだったんですよね。^^;

今はすっかり「プチこもり」状態ですが、
私も少しずつ自分の時間を作りたいです。

にゅーとらる #o2cpcsqE URL [2005/04/13 14:20] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cieloazul.blog7.fc2.com/tb.php/10-6d9330cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

我が家の記念日

Twitter

まずはできることから

いざというときのために

カテゴリ

Tree-Arcive

ブログ内検索

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。