04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Para mirar el cielo azul

~青空を見上げて~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

鏡効果? 

昨日のエントリにも書いたんだけど、子どものご飯の食べ方がすごく気になる。
ワタシが子どもの頃は「三角食べ」といって、ご飯・おかず・汁物を交互に食べましょう、って
家でも学校でも言われていた記憶がある。

でも、ウチの子を見ていると・・・
ご飯ならご飯だけ、おかずならおかずだけ、とにかく1品ずつ食べていく。
だからさー、フルコースじゃないってば(笑)。

で、なぜか左手をテーブルに出さない。

何度注意しても、行儀悪いとかカッコ悪いとか言っても効果がないので、
昨日の晩ごはん、まったくそのまんま子どもたちのマネして食べてみた。

左手をまったく使わずに食べる、というのはこれがけっこう難しい。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: ひとりごと

cm 2   tb --   page top

ただいま反抗期 

ゆーかもJINもムズカシイお年頃である。
「ごはんよー」とか「お風呂入りやー」とか、
声をかけても返事をしないことが多い。
まるでママがそこに存在しないか、のように。

ひょっとしたら、そのときのふたりには、
ママの声の周波数だけ拾えなくなるのか?
・・・なんて考えることもある。

正直なところ、スルーされるというのは悲しい。
それがどんなにかわいい子どもでも、
いつかはそんな時期が懐かしくなるという、
一過性のことだと思っても悲しいものは悲しい。

昨日も「ごはんを食べやー」と言ったら返事がなく、
JINはチャレンジの問題にかかっている途中だったみたいだった。
「冷めるから(チャレンジを)後にして食べたら~」と言ったら、苦々しい顔で食卓に来て、
座るなりおかずが魚(ほっけ)だったのが気に入らないらしく文句を言い出した。
「骨とりやすいから好き嫌いせんと食べや」みたいなことを言ったら、
「うるさいなぁ~~~~っ!!」とぶちキレて子ども部屋へ走っていった。
-- 続きを読む --

category: かいじゅうたち

cm 6   tb --   page top

母の日 

090510_1653~01「JINと一緒にサンキに行ってくるねー」と元気よく出て行ったふたり。
ハギレでも買って何か作ってくれるつもりなのかな?と思っていた。

後から出かけていったパパが先に帰ってきたから、
「あの子たち、サンキ行ってまだ帰ってけーへん」と言うと、
「へ?ゆーかとJIN、花買いに行ったんやで」とパパ。

パパが探しに出るとしばらくしてふたりが帰ってきた。
手にはしっかりと見慣れたグレーのレジ袋。
そこから取り出されたのは綺麗な赤いカーネーションの花束。

「今パパが探しに行ったよ。どこの花屋さんか心配してた。」と言うと、
「え~、花買いに行くのバレてたの??パパったらもう・・・
口がやわらかいねんから~~!
-- 続きを読む --

category: はっぴぃ

cm 2   tb --   page top

我が家の記念日

Twitter

まずはできることから

いざというときのために

カテゴリ

Tree-Arcive

ブログ内検索

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。