12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

Para mirar el cielo azul

~青空を見上げて~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

Doing と Being 

JINの幼稚園からの配布物に「ともに育つ」というのがある。
今月号に秋山千四郎さんという方の書かれた記事があった。

(以下抜粋)
我が家には小6と小4の2人の息子がいる。
仕事柄、家にいることが多いため世のお父さん方よりは
子育てに関わってきたと思う。
反面、「お父さんっ子」になりはしないかと心配だったが
最近わかってきたひとつの事実がある。
それは、やはり最後の最後のところでものを言うのは母親の存在であるということだ。

ここだけの話、子どもに対する接し方は、妻より私の方がうまい。
だから普段、子どもは私になついている。
しかし、ここ一番というとき、子どもは母親の方になびいていく。
これって結構さびしい。
それで多少いじけながら、いろいろと考えてみる。

一般に父親は、常に子どもとある程度の距離を持って関わっているものだ。
どんなに家で一緒にいたとしても、父親と子どもとの間には距離がある。
ところが一般に母親というものは、子どもと距離を持つことができないのではないか。
少なくともわが妻に関してはそうだ。
わが妻は、子どもと適当な距離を持つことができない。
子どもと直接、ピッタリと結びついてしまっている。
だから、始終子どもに翻弄され、振り回されている。
そしてヒステリーを起こしては私に当たってくる。

しかし、子どもが本当に必要としているもの、
本当に求めているものは、
父親と子どもの間に築かれているようなスマートな、
ストレスのない親子関係ではなく、
実は母親と子どもの間のようなドロドロとした
ストレスだらけの親子関係こそ、
子供にとって本当の意味で必要なもの、
たいせつなもの、かけがえのないものではないか。

一般に父親は子どもに対して
何かをしよう、何かを与えようとする。
英語で言うなら「Doing」の関わり方をする。
しかし、母親は子どもを対象化しないで、
子どもとともにあろうとする。
「Being」の関わり方である。

だから、母親は子どもに翻弄される。
子どもに振り回される。
子どもと一緒に笑っているかと思えば、
次の瞬間、子どもと一緒に泣いていたりする。
しかし、それこそが、
子どもにとって本当に大切なもの、
必要なもの、かけがえのないものだと思う。
一人の人間としての生きる支えとなるもの、
最終的な生きる力となるものではないかと
最近、しみじみ思うようになった。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: ひとりごと

thread: 子育てについて - janre: 育児

cm 2   tb --   page top

雪ダルマの家族 

080118_0916~0001昨日、学校から帰ってくるなり、
ランドセルを玄関に放り投げ、
外へ飛び出していったゆーか。
鼻を真っ赤にして戻ってくると
そこには4人家族の雪ダルマ

一晩たってもまだとけてません。
道路はツルツル、
まるでスケート場みたいです。(>_<)

category: かいじゅうたち

cm 2   tb --   page top

雪だっ! 

080116_0759~0001我が家では毎朝「めざましテレビ」を見てるんだけど、
全国の天気予報を見ると新潟はずっとマーク。
なので、今年の年賀状にも「雪で大変でしょう?」って
書かれているのが多かったんだけど。
実際に積もったのはコレが2度目くらいかなあ?
いや・・・
この間のはすぐにとけちゃったから今冬初かも?

JINを幼稚園に送っていくとき、
あまり車の通らない私道を通っていくんだけど、
誰にも踏まれてない雪の上を歩くと、
キュッキュッと、あの独特な音がして。

ちょっと心躍ります。(^^)

category: ひとりごと

cm 0   tb --   page top

もちつき 

080115_1108~0001毎年恒例の幼稚園の餅つき。
去年は年少さんで杵を持つのもぎこちなかったけど、
さすがは年中さん、すっかりお兄ちゃんらしくなって
しっかりぺったんこしてました。(^^)

 ぺったんこ~、ぺったんこ~♪
 お餅をつきましょ、ぺったんこぉ~♪

歌も大きな声で歌ってたし。

食べきれないお餅はお家に持って帰るんだけど、
JINのお弁当箱はキレイに空っぽ。(^^)
ママは午後からフラの練習がある日で
今年はつきたてお餅が食べられず残念でした。

category: かいじゅうたち

cm 0   tb --   page top

しあわせ 

週末に遅ればせながら弥彦神社にお参りしてきました。
元旦に白山神社で破魔矢を買ってきたので、
おやひこさんでは熊手をいただいてきました。

参拝したあとおみくじを引いたら大吉!

こりゃ縁起がいいわ~♪と思っていたら、
なんとパパもゆーかも、おまけに。。。
生まれて初めておみくじを引いたJINまでもが大吉!
うわー、こんなことってあるんだ!!!

寺泊で浜焼きを食べて、小ぶりのアンコウ3尾(1尾¥300だよ!)と、
あるお店特製の「蒸しアン肝」を買って(1P¥500!)、
「だいろの湯」に立ち寄り、大きな露天で汗を流して。

家に帰ってアンコウをつつきながら、
菊水の五郎八をグビっといただく

ホントに幸せです、はい。

category: はっぴぃ

cm 0   tb --   page top

不思議な光 

080101_0047~0001今年は27日から大阪のおばあちゃんが
来てくれているので、パパと2人で久しぶりに
二年参りに出かけようかということになった。
紅白を見てワタシは何だか涙ばかり流していて、
(やだね、年々涙腺が脆くなるぅ)
白組の勝利というのを見届けてから神社へと歩いた。

パパと夜中に参拝に出かけるなんて
ゆーかがお腹に来る前の話。
10年以上も前に大阪の住吉さんに行ったっきり。
長蛇の列に並びながら、
なんかシアワセだなーと思った。
お参りした帰り道はパパと手をつないで帰った。
うん、シアワセ♡

画像は長い列を並んで、
いよいよ本殿が見えてきたときのもの。
撮ったときには光なんてなかったのに。
・・・きっといいことあるんだろうな。(^^)

category: はっぴぃ

cm 2   tb --   page top

あけましておめでとうございます 

2008-1.jpg

category: ひとりごと

cm 0   tb --   page top

我が家の記念日

Twitter

まずはできることから

いざというときのために

カテゴリ

Tree-Arcive

ブログ内検索

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。